スマートウォッチ: Fitbit Versa 2

違いわかる?スマートウォッチ、フィットネストラッカー、活動量計とは?【ウェアラブル端末あれこれの定義】

2019-07-11

ウェアラブル端末の種類イラスト

比較的新しいジャンルのテックガジェットなせいもあり、トラッカーなのに腕時計の形してるからスマートウォッチって呼ばれてたり、活動量計ランキングにスマートウォッチが入ってたり、分類がとてもあやふやなまま言葉が使われているので、整理してみました。この記事を読むと、スマートウォッチ、フィットネストラッカー、スマートブレスレット、活動量計とか、いろいろ呼ばれているあれやこれやウェアラブル端末いっさいがっさいの違いがわかります。

世界は雰囲気、曖昧なものなのかもしれないけど、スマートウォッチって何、トラッカー全般と何が違うの?っていうのがはっきりしないとすっきり生きていけない性格なんです。

日本語でぐぐっても、英語でぐぐっても、説明は書いてあっても、論理明瞭な定義ではなかったので、ニューヨークのヨドバシカメラみたいなお店のチャット・カスタマーサポートに当たるもイマイチ。アメリカのfitbitサイトのカスタマーサポートとチャットして、やっとすっきり理解できました。

努力の賜物を、シェアしたいと思います。

ウェアラブル端末、ウェアラブル・デバイスとは

ウェアラブル端末とウェアラブル・デバイスは同じ意味で、英語の wearable deviceのwearableだけはカタカナで英語そのまま、deviceを和訳したのが端末というわけです。

ウェアラブル=wear(着る、身につける)+able(可能な)

つまり、身につけて使えるという意味。後述するスマートウォッチ、アクティブ・トラッカー、ライフログ・トラッカー、スマートブレスレット、活動量計などを全て含む総称。

ウェアラブル端末は、どこに身に着けて使うのかによって分類することができます。

スマートウォッチやスマートブレスレット、多くの活動量計の中で腕にまいて使うのは腕時計型/ブレスレット型。他には、クリップ型、グーグルが開発したGoogle Glass グーグル・グラスに代表されるスマートグラスといった眼鏡型、イヤホン型、伸縮性のあるセンサーやフィルムを用いた衣類型(Tシャツ、ブラジャー、ネックレスまで)など。

ウェアラブル端末を、単に「ウェアラブル」と呼ぶこともあります。

スマートウォッチとは? トラッカー、活動量計とは? その違い

スマートウォッチとは、スマホと連携して使われる腕時計型のウェアラブル端末。健康管理、メールやLineなどのチャットアプリ、SNSからの通知の受信、音楽が聴けたり、ニュースや新聞、天気予報が見れたり、クレジットカードを登録して支払うApple Payやfitbit payなどなど、様々な機能があります。ウォッチフェイス(文字盤)の変更も可能です。

アプリは、純正ではじめから入っているものだけでなく、第三者が作った有料・無料のアプリもあり、インストールして使うことができます。

つまり、スマートウォッチの機能は、次々に新しいアプリが発表され、それをインストールすることで拡張、アップデートが可能。この点が、スマートウォッチ最大の特徴となります。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥20,800 (2021/07/29 20:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

対して、トラッカーとは、歩数や運動による消費カロリー、睡眠の時間や質を計測記録する健康管理、運動・エクササイズ支援、ダイエットなどのライフログといった機能に特化したウェアラブル端末。フィットネストラッカー、アクティブトラッカー、ライフログトラッカーなどと呼ばれます。

形状は、シリコン製のブレスレットのようなものが人気ですが、ベルトやポケットに付けるクリップ式、足首やシューズにつけるタイプもあります。

トラッカーと活動量計は同じです。

機種によっては、クレジットカードなどを登録して使う支払い機能、スマホと連携しての通知機能など、ほとんどスマートウォッチと変わらないくらい多機能なトラッカーもあります。

また、スマートウォッチのような腕時計型のものもあるため、見た目だけでは区別がつきにくくなっています。

スマートウォッチとトラッカーの違いは、アプリをインストールできるかどうか。トラッカーはできませんので、買ったときに備わっている機能に限定されます。

スマートウォッチとフィットネストラッカー/活動量計の比較、長所・短所

スマートウォッチにしても、トラッカー/活動量計にしても、それぞれの特徴は、考え方によって長所になったり短所になったりするので、両面を列挙してみます。

スマートウォッチの長所・短所

アプリをインストールできて拡張性がある、機能が増やせる。
→いろいろなことができて有用、改善していけると考えれば長所
 自分で情報も実行も取捨選択の上、アップデートしないといけないので面倒と考えれば短所

確実に短所なのは
値段が高い。特にアップルウォッチ(笑)
バッテリーのもちが悪く、毎日のように充電が必要なので、ライフログをとるにはむかない。特にアップルウォッチ(笑)
(この辺のことについては、関連記事『【fitbit versaレビュー】アップルウォッチじゃなくてfitbit versa にした5つの理由』をご参照ください。)

フィットネストラッカー/活動量計の長所・短所

アプリがインストールできない
→あらかじめ使いたい機能だけ理解すればすぐ使えてシンプルで良いと考えれば長所
もっとあれもやりたいこれもやりたいと欲が出た時に拡張性がないのは残念と考えれば短所

概ねの機種において長所なのは
同じメーカーのものなら、スマートウォッチより安くて、バッテリーの寿命が長い

まとめ

スマートウォッチとは、アプリをインストールして拡張していける腕時計型ウェアラブル端末のこと。トラッカー/活動量計は、アプリをインストールできないウェアラブル端末のこと。機能の種類、腕時計みたいかどうかは関係なし!

人気の記事

fitbit versa 2 常時スクリーン機能 1

fitbit versa 2は、フィットネス・トラッカーの先駆けとして次々に新しいスマート・ブレスレット、そしてスマート・ウォッチをリリースしてきたfitbit社の2019年最新スマートウォッチ。 fitbit versaはシリーズ化していて、第一世代が、fitbit versaとfitbit versa スペシャル・ ...

fitbit versa 2でアレクサ使ってみた 2

fitbitスマートウォッチ2019年最新版であるfitbit versa 2で一番注目される機能は、Amazonの音声アシスタント、Alexa アレクサ!2018年6月の発売直後からfitbit versaスペシャル・エディションを愛用していた私が、versa 2、買い!となった理由の一つでもありました。 fitbi ...

fitbit versa 2とfitbit versa スペシャルエディションを2つ腕にはめてみた 3

fitbit versa 2は、フィットネストラッカーを初期の頃から牽引してきたメーカー、フィットビット社が日本では2019年9月24日に発売するスマートウォッチの新モデル。2018年6月に発売されたfitbit versaの後継機で、今回は、Amazonの音声アシスタント、Alexa アレクサが機能としてついてくると ...

fitbit versa でニュースを読んでるところ 4

ニューヨークに住むようになって、地下鉄もバスも時刻表どおりにはしってないし、腕時計をしなくなりました。待ち合わせも日本ほど厳しくないし(笑)でも、スマホをいちいち出して時間を確認するより、腕に時計がある方が便利だなと2年くらい前から思いはじめて、どんな時計を買おうかなと思ったら、いろいろありすぎて選ぶの大変じゃないです ...

NordVPNアプリの画面 5

安全なインターネット、日本のテレビ関連のニュース動画がアメリカから見れない疎外感、会員制オンライン勉強会がアメリカからだとログイン不可という問題を解決すべく、VPNについて比較検討リサーチをした結果、使い始めた有料VPNが調子いいのでオススメします。 結論を先出しすると、Nord VPNを私はおすすめ。理由は下記の通り ...

50代でドリームジョブに転職した 6

フリーランスを10年以上続けてきたアメリカ在住50代の私ですが、この度、転職が決まりました。しかも、未経験のIT業界で。お給料(時給)も大満足。そんな幸運を、いかにしてゲットしたのか?50代の人だけでなく参考になるかな。転職成功体験談をシェアしたいと思います。 50代でフリーランスから転職したアメリカ在住の私の職務経歴 ...

-スマートウォッチ: Fitbit Versa 2

© 2021 テクの路地裏