完全ワイヤレス・イヤホン

【Google Pixel Buds 2019年レビュー】販売から2年w 迷ったけど購入したよ

2019-09-16

Google Pixel Buds 開封の儀 チャージングケース

じゃじゃーん!この度、すでに発売から2年近くがたとうとしているGoogle Pixel Budsを、へっぴり腰スタイルで買いました。本記事では、迷った末に買うことにした理由と、届いて開封から一応使える状態まで設定して、耳につけてみた感想までを写真付きでレビューしたいと思います。

Google Pixel Budsとは

〜Google Pixel Pods 公式プロモーション動画〜

Google Pixel Budsとは、Googleが、2017年10月4日(日本時間では5日)にリリースしたBluetooth接続のワイヤレス・イヤホン。

でも、ただのイヤホンじゃなくて、スマート・イヤホンとでも言いましょうか。スマホに接続してスマホが出している音を聴くという古来のイヤホンとして機能するだけでなく、かかってきた電話に出たり、GoogleアシスタントやGoogle翻訳機能が使えたり。

スマホの機能を音声で操作できるという点が、発売から2年たった今も先進的なプロダクトで、こと、精度はさておき、同時通訳みたいなことができてしまうということで、世間の期待をどかんとぶちあげた先進的なガジェット。

発売当初は、その時点でのGoogleのスマホ・シリーズ、PixelとPixel 2じゃないとGoogleアシスタントとグーグル翻訳機能は使えませんでしたが、今はそれ以外のスマホでも使えます。

必要なスマホは、アンドロイドフォンなら、Android 5.0 Lollipop以上、iPhoneならiOS 10.0以上のOSのものです。

Google Pixel Budsの読み方は「グーグル・ピクセル・バッズ」が近い。なんとなく日本語では「ピクセル・バズ」と呼ばれているっぽい?でも、バズというと、バズるのバズ=Buzzが浮かんで、アメリカ生活が長い私には違和感が。。。

Budsは、つぼみという意味のBudの複数形ですが、イヤホンのことを「earbuds イヤバッズ」と言うので、Google Pixel Budsは、Googleのイヤホンっていう、結構ベタなネーミングです(笑)

私はGoogleイヤホンって、呼んでましたがw そうぐぐってもGoogleさんには通じるようです(笑)すごい精度ですね!

残念なことに、日本では未発売。グーグル翻訳には、日本語もあるし、Googleアシスタントも日本で使えるのに、なぜなんでしょうね。

Google Pixel Buds 購入前に悩んだ理由

購入に踏み切る前に、うだうだと迷った理由は5点。

  • Pixel Buds発売されてもうすぐ2年なので新鮮さに欠ける。
  • Pixel Buds 2 が出るかもしれない。
  • なのに、価格据え置き。セールになってない。
  • 英語のレビュー記事あれこれ読んだら、ちょっと微妙wな感じ。
  • イヤホンとしてはサイズが大きめで、形状的にもおさまりが悪そう。

特に、Pixel Buds買ってすぐに、Pixel Buds 2が出ちゃったら目も当てられません。しかも、10月にはGoogleのスマホの新機種、Pixel 4が出るというかなり信憑性の高い噂もあるんで、9月に買って、10月にPixel Buds 2が出ちゃったら、泣いちゃいますよ。

しかも、2年も経過してる商品なのに、発売当初と同じ価格の$159。値下げなし。$159に消費税つくと、$173.11ですよ。ざっくり2万円て、新発売直後で、気分が舞い上がって、すごい欲しい!っていう高揚する疾走感がないとハードル高い。

ハイテクなものって、2年もすれば、普通ちょっとくらいは値崩れするものだけど、この強気。ちょっとくらい、何かキャンペーンとか、してもいいと思うの。私の背中を、ちっとも押してくれないGoogleさんだったので、なかなか踏ん切れませんでした。

だけど結局 Google Pixel Buds を買った理由

私、ニューヨークに住んでいます。英語はだいたい大丈夫なんですが、相手があまり英語しゃべれないっていう状況があるんですよね。例えば、英語がしゃべれない中国料理屋とか、メキシコ料理屋とかで、不自由するわけですよ。

で、この同時通訳してくれるっていうGoogle Pixel Budsが、不完全なまでも仕事してくれたら、本場の味を提供している、その国出身の人以外は出入りしていないようなお店で、美味しいものが食べられるんじゃないかなぁと。ほぼ、それだけの理由です。

ちなみに、40カ国に翻訳対応。すごいね。これでニューヨーク世界食べ歩きができる!

アフリカーンス語 英語 日本語 セルビア語
アラビア語 フィンランド語 クメール語 シンハラ語
アルメニア語 フランス語 韓国語 スロバキア語
ベンガル語 ドイツ語 ラトビア語 スペイン語
カタルーニャ語 ギリシャ語 ネパール語 スワヒリ語
標準中国語 ヒンズー語 ノルウェイ語 スウェーデン語
クロアチア語 ハンガリー語 ポーランド語 タミル語
チェコ語 アイスランド語 ポルトガル語 タイ語
デンマーク語 インドネシア語 ルーマニア語 トルコ語
オランダ語 イタリア語 ロシア語 ベトナム語

もひとつ細かいことを言うと、値段的にはAppleのAirPodと同じ価格帯になるわけですが、私にはあれがシャワーヘッドにしか見えなくてw で、絶対なくす自信あり!

東京や大阪ほどじゃないけど、ニューヨークもそれなりに通勤ラッシュがあり、人混みにもまれるから、実際、あれを落としちゃう人が多いってのが、最近、「「NYC Subway Workers Are Very, Very Tired of Picking Up Your Lost AirPods(英語記事タイトル訳:ニューヨーク市の地下鉄職員は、あなたが落としたAirPodsを拾うのに、すごくすごく飽き飽きしてる)」なんてニュースにもなってました。

やっぱり〜!(笑)って感じ。

だから、ワイヤレスなのにひもがついてて、2つのイヤホンパーツがつながってるデザインは、いいなと思うんですよ。

ワイヤレスの意味ないじゃん!って声もあるんだけど(笑)でも、スマホはバッグの中でいいという自由度の高さは、普通のコード付きのイヤホンとは、全然別世界の便利さ。

あと、紐でつながってるから、使わないときに首からぶら下げられるのも良い!

というわけで、ぽちりました〜!

Google Pixel Buds 届いて開封、ご対面!第一印象

Google Pixel Buds 開封の儀 ダンボール箱あけたところ

で、届いて箱を開けたの図。なんの変哲もない茶色い段ボール箱に、ないよりはいいかもしれないけど、どうせだったら、商品パッケージが動かないレベルまでつめてよっていう、中途半端な茶色い紙が一応の緩衝材。そこに、ぽろんです。

昨今の環境に配慮した簡易なスタイルです。プチプチとか、エアバッグとか、生物分解しないものがないのはいいことだ。

アメリカの配達って、ワイルドなんですが、商品は無傷の状態で届きました。ちなみに、ちょっと前に注文した6TBの外付けハードディスクもこんな感じで送られてきて、それは商品ボックスに割れ目ができてました。大丈夫か?!と不安になりましたが、無事でした。

で、

ビニール破って、箱開けて、付属品とか、中に入っているもの全部並べてみると、こう!

Google Pixel Buds開封の儀。中身全部

左下から時計回りに:Google Pixel Buds、USB-Cコード、説明書が2つ、すぽっと深いタイプのボックスの蓋、チャージングケース。

Pixel Budsのカラーバリエーションは、「ジャスト・ブラック」と「クリアリー・ホワイト」の二色展開。名前の付け方は、スマホのPixelシリーズと同じですね。私、スマホ Pixel 3aは、「ジャスト・ブラック」なんですが、今回は「クリアリー・ホワイト」を選びました。

Google Pixel Buds 開封の儀

「クリアリー・ホワイト」って名前だけど、白と黒のコンビで、全体が真っ黒より、軽快な感じ。オレンジのビーズがポイントになってます。全部真っ黒より目立つから、その辺に置いてる時に、みつけやすいかなと思って(笑)ええ、片付けが苦手な私ですからね。

手のひらにのせて、大きさ感を見てみましょう。

Google Pixel Buds 開封の儀

Pixel Buds、結構大きい?白い部分の直径が20.4mm。

グレーのケースはPixel Budsを入れて持ち歩くための収納ケース兼チャージングケース。66.2 x 65.5 x 28.6mmです。外側は起毛素材のファブリック。GoogleのロゴのGも同系のグレーで、控えめ。ハイテク・デジタル・ガジェットって、未来風ピカピカ・デザインへと流れがちで、素材もプラスティックが多いから、こういう普段着感覚ななファッションセンスが取り入れられているるのって、いいですね♥

なかなか大人っぽいテーストで合格!気に入った!

重さは、Pixel Budsが14gでチャージングケースは43g。合計57g。イヤホンなんでw 軽くて当たり前だけど、充電できるケースで軽いのは素晴らしいことですね。

Google Pixel Budsのしくみ、装着感

Google Pixel Buds 裏側、横向き

Pixel Budsの耳に接する側。RとLって書かれてる円形の部分がマイクで、楕円のあみあみ部分がスピーカー。

メタルの点々2つは、磁石かな。後述チャージングケースの凹みにいれると、かちっと引き寄せられ、おさまるべき状態でおさまります。

イヤホンというと、耳の穴の中に入れるタイプか、スポーツ用ワイヤレスホンだと、耳の穴の中に入れてさらにフックでメガネみたいに耳にひっかけるタイプしか使ったことがない人は(私、私)「こんな大きいの、どうやって使うの?すぐ落ちる!安定しない!」と思うでしょ?ところがすっとこどっこい。

イヤホン部分の上についてるコードのループは、長さが調節できて、この輪っかを、耳の穴の周囲にある凹みにうまく沿わせることで、イヤホンが耳の中で安定します。

大事なのでもう一度言いますけど、このループの調節が安定の肝。耳のデザイン(笑)って個体差激しいから、この適度に固くて柔らかいこのループが賢いんです。感触も悪くない。

外界の音を遮断するほど耳を塞いでの使用はしたくない場合、この耳のへこみにのせるタイプのワイヤレス・イヤホンは、おすすめです。

Google Pixel Buds をチャージング・ケースで充電

Google Pixel Buds 開封の儀 チャージングケースの中

チャージングケースをあけたところ。マット仕上げの黒で、Pixel Budsを格納する凹みには、右(R)と左(L)ってわかりやすく書かれていて親切です。

ケース内、右上のボタンは、スマホとペアリングする時に押すボタン。左上、今は白いライトが3つ点灯している状態。ペアリング状況や、充電状況を表示するLEDライトです。消えてる状態ではただの真っ黒で、ライトがあるとは気づかないので、初めてぴかぴか点滅したときは感動した!(感動沸点低いな!w)

何も難しいことはない。Pixel Budsを凹みに入れて、にょろっと出ているコードをケースの淵にぐるっと巻いて一回転してから、真ん中にもどってきて、Pixel Budsの間を通してできあがり。これでチャージングケースの蓋して持ち歩き。あるいは、充電します。

Google Pixel Buds 開封の儀 チャージングケースにおさめたところ

付属のUSB-Cコードをチャージング・ケースにさした状態。

Google Pixel Buds USB-Cで充電できるケース

Pixel Budsは、一回の充電で、バッテリーは5時間もちます。チャージングケースがモバイルバッテリーとして使えて、リチャージして使うと、最長24時間もちます。

だから、泊りがけの外出じゃない限り、USB-Cコードは持ち歩かなくて大丈夫。まぁ、いまどきのものですと、そんなもんでしょうか。Apple のAirPodと同じ。でも、いいですね。身軽が一番!

Google Pixel Buds を Pixel 3a スマートフォンとペアリング

Google Pixel Buds とGoogle Pixel 3aのペアリング中

と、ここまで順調だったんですが、つまずきました!!

Google Pixel Buds つながらない!Bluetoothでの接続に不具合

スマホとPixel Budsをペアリングする方法自体は、簡単です。チャージングケースに入れてスマホの横に置いて、チャージングケースのボタンを3秒押すだけ。そうすると、上の写真みたいなポップアップが出るので、あとは言われるがままにタップしていけばいいだけ。

私のスマホは、Google Pixel 3aです。同じ会社の製品どうしなのにエラーが出てつながらない。Bluetoothのワイヤレス・イヤホンは、安い無名メーカーのでもすんなりペアリングできてたので、こんなところでつまずくとは思いもしなかった。

ペアリング方法が書いてあるヘルプページを読んで、何度もやり直しても同じ結果。こんなところで困るとは思いもよりませんでした。

カスタマーサポートに問い合わせ。Google Pixel BudsのBluetooth接続不具合は既知問題だった。

ぐぐってぐぐって、何度も何度もじっくり取り組むもGoogleアプリが落ちるエラーが出てペアリングできない。ヘルプページを読んでると出てくるカスタマーサポートチャットに質問すると、どうやらこれは既知の問題であることが判明。

AndroidのOSが、アップデートされたことで発生している問題って言ってました。

2年前の製品であることの欠点が、こんなところに。。。使えるAndroidのOSが、5.0以上って公式製品ページには書かれてるけど、今、バージョンは10ですからね。

Google Pixel Budsがスマホに接続できない既知問題の解決法

チャットサポートで、やりとりすること多分、小一時間で解決したんですが、結論だけいうと、ペアリング不具合の原因は、Googleアプリ。だから、それを一旦アンインストールしてから、やり直したら無事ペアリングできました。

サポートのヘルプなしでは解決できない問題だった。だって、公式のヘルプページに、Googleアプリが必要って書いてるのに、それを削除しないとペアリングできないなんて、反則ワザよね。

不幸中の幸いとしては、チャットカスタマーサポートの待ち時間、1分くらいですぐつながって、対応がとてもよかったということですね。もう、使い始める前に、めっちゃ疲れました!

Google Pixel Buds の音質とか、使い心地とか

そんなにこのジャンル極めてるわけじゃないので、客観的評価で感想を言えるほどボキャブラリーがないので、主観的な感想になっちゃいますが、なかなかのものだと思います。以上(笑)

イヤホンやヘッドホンって、いいものはすごくよくて、品質とお値段は比例して上がっていくものなので、このくらいの価格帯で、他に翻訳機能とかGoogleアシスタントがついてと考えると、私は十分満足です。

ヘッドフォンって、髪が乱れたり、耳が蒸れたり、肩凝ったりする、持ち運びにかさばるし重いから、そこそこの音質で、軽いから疲れないという点で気に入っています。

Google Pixel Buds 購入直後レビューのまとめ

まさかのペアリング・エラーで、ちょっと嫌いになりかけましたが、持ち直しました。

あ、もひとつ問題があったんだった。iMacでペアリングすると、ノイズがすごいうるさいことになる。これもそのうちカスタマーサポートに質問してみようと思うけど、解決しそうにないな。だめだな、多分。

こんな苦労が多い商品でしたが、リアルタイム翻訳とか、Googleアシスタントが使えるとか、面白そうなので、これから使い込むのが楽しみでウキウキしています。

これまで、Googleアシスタントをあまり使ってこなかったので、その辺の学習もして、仕事や日常に活かしていきたい。そこからのスタートなので^^; ちょっと間が空きそうだけど、また、そのうち使い勝手をレビューしたいと思います。

P.S. Google Pixel Buds、日本未発売。Siri(R)やGoogle(TM)アプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動対応のワイヤレス・イヤホンは、こちらでどうぞ。

人気の記事

fitbit versa 2 常時スクリーン機能 1

fitbit versa 2は、フィットネス・トラッカーの先駆けとして次々に新しいスマート・ブレスレット、そしてスマート・ウォッチをリリースしてきたfitbit社の2019年最新スマートウォッチ。 fitbit versaはシリーズ化していて、第一世代が、fitbit versaとfitbit versa スペシャル・ ...

fitbit versa 2でアレクサ使ってみた 2

fitbitスマートウォッチ2019年最新版であるfitbit versa 2で一番注目される機能は、Amazonの音声アシスタント、Alexa アレクサ!2018年6月の発売直後からfitbit versaスペシャル・エディションを愛用していた私が、versa 2、買い!となった理由の一つでもありました。 fitbi ...

fitbit versa 2とfitbit versa スペシャルエディションを2つ腕にはめてみた 3

fitbit versa 2は、フィットネストラッカーを初期の頃から牽引してきたメーカー、フィットビット社が日本では2019年9月24日に発売するスマートウォッチの新モデル。2018年6月に発売されたfitbit versaの後継機で、今回は、Amazonの音声アシスタント、Alexa アレクサが機能としてついてくると ...

fitbit versa でニュースを読んでるところ 4

ニューヨークに住むようになって、地下鉄もバスも時刻表どおりにはしってないし、腕時計をしなくなりました。待ち合わせも日本ほど厳しくないし(笑)でも、スマホをいちいち出して時間を確認するより、腕に時計がある方が便利だなと2年くらい前から思いはじめて、どんな時計を買おうかなと思ったら、いろいろありすぎて選ぶの大変じゃないです ...

NordVPNアプリの画面 5

安全なインターネット、日本のテレビ関連のニュース動画がアメリカから見れない疎外感、会員制オンライン勉強会がアメリカからだとログイン不可という問題を解決すべく、VPNについて比較検討リサーチをした結果、使い始めた有料VPNが調子いいのでオススメします。 結論を先出しすると、Nord VPNを私はおすすめ。理由は下記の通り ...

50代でドリームジョブに転職した 6

フリーランスを10年以上続けてきたアメリカ在住50代の私ですが、この度、転職が決まりました。しかも、未経験のIT業界で。お給料(時給)も大満足。そんな幸運を、いかにしてゲットしたのか?50代の人だけでなく参考になるかな。転職成功体験談をシェアしたいと思います。 50代でフリーランスから転職したアメリカ在住の私の職務経歴 ...

-完全ワイヤレス・イヤホン
-,

© 2021 テクの路地裏